linuxエンジニアの自己流技術の修正

コンピューターの制御にとって、OSは重要な役割を持ちます。
ハードウェアをコントロールし、ソフトウェアを実行する環境を整えます。情報技術の分野において、OSと関わる場面は数多くあります。特に情報通信分野でシェアを持つのが、linuxです。このOSはシンプルで使い勝手がいい事から、これまで通信分野で多く利用されてきました。linuxエンジニアは、通信業界で必要とされている技術者であり、将来性ある仕事です。

しかしlinuxエンジニアにとってよく直面するのが、自己流のテクニックの問題です。
linuxを独学で使いこなしてきたエンジニアは、職場ではその自己流テクニックが通用しないケースが多々あります。その中でも問題となるのが、セキュリティ上のトラブルを誘発するlinuxの扱い方です。個人でlinuxを利用している間は、自己流テクニックも容認されます。しかし開発チームの技術スタッフとなれば、現場での流儀を守らなければなりません。linuxの扱い方次第で、トラブルを引き起こす場合があります。セキュリティの問題は大きな課題であり、開発現場ではできるだけトラブルを引き起こさない心掛けが求められます。

linuxのエンジニアとして仕事を始めてみると、自己流の技をベテランエンジニアから指摘されることがよくあります。そのため、将来性あるlinuxエンジニアとして仕事を続けるためには、自己流によるテクニックを早く修正し、プロのエンジニアとしてふさわしい実力を身に付ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です