linuxエンジニアが技術に満足する問題

linuxエンジニアは、インターネット業界においてlinuxを採用するサーバーなどの管理を担当できる技術者です。
この技術者のおかげで、linuxOSを採用している通信機器やソフトウェアの管理がはかどります。linuxがインターネット業界で使われている限り、十分にこの仕事には将来性があります。

しかし問題であるのは、linuxに大きな将来性があるからと、別の技術修得を怠ってしまう点です。
技術の向上に満足してしまったエンジニアは、それ以上の成長を見込めません。常に新しい技術を取り入れようと意欲的であるほど、成長が促されます。linuxがこれからも絶対に安泰であるとは言い切ることができません。将来、インターネットの業界で、linuxがシェアを握り続けられるかは未知数です。もしかすると、他のOSが大きくシェアを獲得するよう変化がある可能性も考えられます。

linuxエンジニアとして実力を持つことに満足せず、常に技術者として上を目指す必要があります。そうすれば、たとえ将来万が一にもlinuxのシェアが縮小してしまったとしても、柔軟に対応が可能です。
こうして多様な技術を身につけることは、linuxの操作技術の向上にもつながります。別の視点からlinuxを見つめなおすことができ、これまで気がつかなかったテクニックも身につきます。優れた技術を持ったlinuxエンジニアは、linux以外にも多くの技術分野に興味を持っていることが多いです。好奇心旺盛なlinuxのエンジニアは、将来成功できる可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です